新卒者であれば就職できた新卒採用ですが現代は難しいです

Leave a comment

新卒採用は新年度に学校を卒業あるいは見込みの人を言いますが現代は高校卒以上の人を対象にしていますので学歴は最低でも高卒が必要な時代になっています。高卒の学歴がありますと国家資格の一部や民間資格の試験に受験できることも可能になっています。社会が求める最低の学歴ですので学力や教養を会得しなければなりません。社会で通用する学歴でありますが近年は国民所得が上昇している事から大学を目指す人が多くなり、更に大学院を目指す人も出てきています。そのような事で就職試験は年々厳しくなっていますが、それに輪を掛ける経済状況の悪化で就職を更に難しくなっている現在及び将来です。

企業の求人は毎年、恒例に新年度の一定期日にありましたが経済先進国や我が国の経済悪化のダブルパンチで高学歴はあっても就職できない状況になっています。保護者の判断が難しい時代の到来でもあります。新卒という事で就職は必ず出来るという免罪符の昔の時代ではなく就職できない時代になりつつありますが我が国は中小企業が9割を占めている国ですので就職をしようと希望すれば就職はできるのですが新卒者たちが敬遠している事から就職浪人まで現れ、景気の良くなるまで待とうという傾向になっています。しかし年齢が行きますので不利になって行くことを考えますと近年に労働形態ができた人材派遣に登録していて求人がありますと1年以下の就職を続けながら大企業への就職を希望し続けているようですが若い人でも就職できないという時代ですので、その待機が果たして功を表するかどうかにかかっているのですが昔の話で、待機を続けることで年齢で不利になります。そのような事情もあり昔は人材派遣会社を敬遠した人も現在では就職を余儀なくさせられている若い人が増えている事です。昔の人材派遣会社で働いている人は仕事の定着を好まない人の就業形態でありましたが、そのような人と混じって現在では希望者が多くなっている事です。

保護者も好まない就業形態の人材派遣会社でしたが我が子が働くとは夢まで見なかったことではないかと思います。溺れる者、藁を掴む思いで就職をしている現状のようですが労働法に違反する会社が多い事から時間外賃金が払ってもらえない事の重労働になり過労や心労で病気になる人あるいは自殺者まで出現している時代になっています。この不景気の状況が、いつまで続くか誰も予測できないですので今後は企業の倒産数も増加するのではないかと思います。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*