TOIECと新卒採用に力を入れている日本企業と外資系

Leave a comment

最近は、英語力のある人材の採用に力を入れている企業が多いと言われています。海外企業と取引する企業や、外資系企業も日本に多く進出しています。企業もTOIECと新卒採用を重視しています。企業によっては700点以上や750点以上と基準を設けています。800点以上の高い基準を設けている企業もあります。海外赴任のある企業がこのように高い基準を設けている企業が多いようです。一般的に700点ぐらいが日常会話ができる英語力があるとみているようで、この水準を目安にしている企業も多くあります。ですから、このような企業を目指している方は、英会話スクールに通ったり、通信講座で勉強されている方も多くいます。英会話学校にも資格取得を目指す集中的に学べるコースを用意しています。テスト対策でこのようなコースに通っている方もいます。一般的に英語力のある人材を求めている企業は外資系のイメージが強いですが、日本の大手企業も求めています。

最近の若い方は、外資系企業の就職を希望されている方が多いと言われています。外資系企業にもよりますが、基準を設けていない外資系企業もあります。英語は一つのツールとして考えている企業もあります。英語力があっても他の仕事ができないと問題です。ですから、基準を設けていない企業もあります。特に専門職の場合は、スコアより、経歴を重視することもあります。外資系企業だからと言って、基準を設けている企業ばかりではないと言うことです。企業によっては、英検1級を持っている方を重視しています。

英検1級は、英語面接がありますから、一般的に実力があるとみています。企業によって求められる英語力に多少、違いがありますが、最近は、外国人研究者や留学生を採用している日本企業もあります。そのような方は、日本語が話せない方もいます。会議も英語で行うこともあります。メールや書類も英語を使用していますから、英語力がないと仕事ができないわけです。ですから、社員の方も英語力が必要だと感じ、仕事をしながら、英語力のスキルアップを目指しています。まず、入社して研修を行う時に、英語の必要性を説明している企業も多くあります。英語学習法のセミナーを行っている企業もあります。このようなセミナーで若手社員の自主的な英語学習を促しています。テストを実施している企業もあり、希望者の方にはテストを受けることができます。このようなテストで自分の実力が分かり、一層、学習に力が入ります。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*